日本一小さい鳥居の由来
粟嶋神社の境内には、縦・横30センチの石造りの鳥居が三基あります。
この鳥居は、文化11年(1814年)当時、重い病に苦しまれた方が、医薬の祖神として霊験あらたかな粟嶋大明神のご神徳にすがり当神社で御祈祷を受け、熱心に信仰されたところ、奇跡的に病が完治しました。そこで病気平癒のお礼に感謝をこめて他に比類なく永久に残るものをと奉納されたものです。
現在のように機械化の時代とは違い、農耕が人力に頼っていた時代の農作業は、体調を崩す方、特に足腰の痛みに悩まれる方が多かったようです、そうした方々が、この鳥居をくぐると腰が伸び足腰の痛みも和らぐ等の神徳の効用が見られ、腰を伸ばす鳥居と言う ことで『腰延べ鳥居』とも言われています。なお、この鳥居に願い事をこめてくぐることにより、心身を癒しなんともいえない開放感に満たされ気分も爽快になり、心身の病気 平癒・子授け・安産・良縁・厄除け・災難除け・諸業繁栄・などに霊験あらたかとの言い伝えがあります。
― 多くの学生達でにぎわう合格鳥居 ―


 この鳥居は、文化十一年(一八一四年)に奉納された日本一小さい鳥居です。
  当時、重い病に苦しまれた方が、医療と医薬の祖神として霊験あらたかな粟嶋大明神(少彦名命)の御神徳にすがり、当神社でお祓いを受け熱心に信仰されたところ奇跡的に完治し健康になられました。
  そこで病気平癒の御礼と感謝の気持ちをこめて、病気に苦しまれる多くの方々の無病息災と幸せを願って奉納されました。
  現在では、くぐることはできませんが二〇〇年の悠久の歴史を秘め多くの皆様の願い事を叶えて頂いたこの鳥居をお祈りすることにより更なる健康と幸せの御利益をいただけるパワースポットとしてお参りいただいております。


粟嶋神社
住所 熊本県宇土市新開町557
TEL 0964-22-1197 FAX 0964-22-1202 E-mail:info@awashima.or.jp


〒869-0403 熊本県宇土市新開町557  TEL 0964-22-1197 FAX 0964-22-1202